環境改修

太陽光発電 ソーラー設置工法-多様化するニーズに応える-

高い防水性能を維持しながら、要求性に合わせたソーラー設置工法をご提案します。

コンクリート基礎設置工法

構造上過重負担が許容される場合には、最も効率よく、省スペースでソーラー設置が可能なのが、コンクリート基礎設置工法です。
架台の設計自由度が高く、高角度・多段にパネル設置が可能です。また防水工法の選定にも制約がありません。

また、パネルを設置したままでの防水改修が容易に行えるため、ソーラー設置後の防水改修を考慮する場合にも有効です。

乾式基礎 PV-FIXシステム

適材適所の防水選択を実行した上で、より軽量なソーラー設置を実現したい、そんなニーズにお応えするのがPV−FIX工法です。
水を漏らさないという屋根の本質を追求する上では、屋根の条件に応じて様々な防水工法の採用が求められます。
PV−FIX工法は、乾式基礎「ソーラーベース」と接続することで、従来のコンクリート基礎よりも軽量なソーラー設置を可能にしました。